Translation

翻訳

  • インバウンド対策は、「英語」「中国語」からがオススメです!

    まだ、インバウンドに取り組むには早いかな・・・
    そんな風にお考えの店舗オーナー様、まずは簡単にできるインバウンド対策を検討してみませんか?
    訪日外国人旅行客が増えている現在、飛び入りで外国人の方がいらっしゃる機会も増えています。 突然来られた場合、混乱して「お断りするしかない」と思ってしまう場合も多いのでは無いでしょうか?
    そんな時、最低限のコミュニケーション内容が翻訳してあれば 落ち着いて対応できるようになると思いませんか?

    現在、日本を訪れている外国人観光客の方の多くは、「英語」もしくは「中国語」ができる方が多いです。 まずは「英語」と「中国語」の対応をご検討ください。

    「中国語」には、簡体字(中国本土やシンガポールで主に使用されている)と、 繁体字(香港、台湾、マカオなどで主に使用されている)があります。 どちらも対応できると良いのですが、どちらかだけの対応しようかと迷われた場合は 実際に来店される方の客層にもよりますが、「簡体字」をお勧めいたします。
    何故なら・・・繁体字を使用している方々は、英語ができる方、簡体字が読める方が多いからです。

  • まず、基本のメニューや注意事項を翻訳しましょう

    さぁ、翻訳しよう!と思っても、何からどこまで翻訳するか、は悩みどころかと思います。
    まずは、基本メニューと注意事項を翻訳しましょう。

    ヘアサロン様を例にとると、カットのメニューはヘアカタログから選んでいただけば、 言葉が通じなくても、ある程度大丈夫です。
    ただ、シャンプーブロー料金が込みなのか、ロング料金は、 カラーでブリーチが必要な場合は、追加料金が必要になるとか 髪が痛んでいるので、施術をあきらめるか、トリートメントを追加した方が良いとか・・・
    基本のメニューでも、意外に説明が必要になります。

    それ以外としては、「予約がいっぱいでお受けできません」「XX:XX~なら施術できます」 「施術時間は、●●分くらいです。」「クレジットカード・QR決済は使用できます(できません)。」 といった注意事項をしておくと便利かと思われます。

    「ヒアリングシート」を用意するのもオススメです。

  • いざ翻訳!でも、どこにお願いしよう??

    正直なところ、翻訳サービスはとても沢山あります。
    まず最初のメニューと注意事項の翻訳レベルですと、価格重視で翻訳サービスをお選び頂いても 充分に対応が可能です。

    機械的な自動翻訳(Google翻訳・Yahoo!翻訳など)では心許ないので、 低価格でも有人対応している翻訳サービスをご利用ください。

    ここでは、業界最安水準、各言語ネイティブ翻訳者が対応、文字数で自動見積、 24時間受付、最短30分翻訳、少量からの依頼が可能な 「翻訳レスキュー」という翻訳サービスをご紹介いたします。